蛍光灯


実  例


工場棟
天井照明・省電力化
エコフューチャー蛍光灯
写真中央右列は往来型機具
40W-2灯(ラビット管)
左列はエコフューチャーに改善

工場棟
天井照明・省電力化
エコフューチャー蛍光灯
32W-1灯用機具(消費電力45W)
電気代節約、Co2削減につき
(スイッチ付)に改善


 以下は神奈川県のある工場における蛍光灯照明器具交換の試算表です。40W2灯型の従来型器具を全数(100台)エコフューチャーに交換すると、年間の消費電力にしておよそ47%もの削減になります。Co2排出量にしておよそ4.6t(東京電力の換算値による)もの削減。大きな効果が生まれます。
近年の蛍光灯照明器具は、インバーターの採用など技術革新より、一般的なものでも旧型に比べ、ずいぶん効率が良くなっています(下表ブルーの列参照)。しかしエコフューチャーなら、更に高い効率を実現(下表イエローの列参照)。排出Co2の削減量は一般的なインバーター照明器具のほぼ2倍の数値を示しています。


使用器具 既存笠付
蛍光灯器具
一般的な高効率
蛍光灯器具
エコフューチャー
笠付蛍光灯器具
対既存比較評価
ランプ仕様 FLR40W灯型 FHF32W2灯型 FHF32W1灯型
器具台数 100台 100台 100台 同数
消費電力/1台 85W 65W 45W ▲40W
年間電気料金 23,800Kwh 18,200Kwh 12,600Kwh ▲11,200Kwh
年間消費電力 357,000円 273,000円 189,000円 ▲168,000円
照明デマンド電力 8.5KW 6.5KW 4.5KW ▲4KW
平均演色評価数 61Re 84Re 84Re +23Re 改善
ランプ光東維持率 80% 80% 80% 同等
年間CO2削減量 ±0 -2.3t -4.6t 4.6t 削減
試算条件@年間ランプ点灯時間:10h×280日=2,800h A電気料金:\15/1kwh 
BCO2排出量換算係数は東京電力の値

既存器具が全部ダメになったわけでもないし、まだ使える器具もたくさんある。
経費も掛かるし、全部取り替えると言っても・・・。




(1)エコフューチャーなら1台からでも省エネ&コストダウンが可能です。
 下の表は、器具台数を10台としてエコフューチャーの導入を試算したものです。確かに一般的な蛍光灯器具に比べ、エコフューチャーはイニシャルコストが少々高めです。でもランプが1本になる省エネ効果は絶大。消費電力は従来型のおよそ1/2です。ランニングコストが大きく低減されるため、投資回収年数はわずか3年と一般的な器具を採用した場合の1/3に迫る短さです。消費電力が少ないので、当然の事ながらCo2の排出量も半減。環境にもやさしいエコフューチャーは詰まるところ『お得な選択』と言うことになります。耐用年数を迎えた器具からその都度の交換も可能。是非エコフューチャーの導入をご検討ください

使用器具 従来笠付蛍光灯器具
FLR040W 2灯用
一般的な笠付蛍光器具
FHF32W 2灯用
エコフューチャー笠付蛍光灯
FHF32W 1灯用
器具台数 10台 10台 10台
器具・ランプ価格/台 0円 6,450円 11,000円
イニシャルコスト 0円 6,450円 110,000円
消費電力/器具1台 85Kwh 65Kwh 45Kwh
年間消費電力 2,168Kwh 1,658Kwh 1,148Kwh
年間電気料金 32,513円 24,863円 17,213円
電気料金差額 0円 ▲7,650円 ▲15,300円
従来型からの削減電力 0Kwh ▲510Kwh ▲1,020Kwh
従来型からの削減CO 0t ▲0.2t ▲0.4
投資回収年数 0年 8.4年 3年
※試算条件:年間稼働日数=255日 一日稼働時間=10時間 電気料金=15円/1KWH エコフューチャー価格=Open



2)天井高6〜7m程度で水銀灯をお使いなら、
        エコフューチャーで蛍光灯(笠付ツイン管1灯用器具)への変更も可能です。

 蛍光灯エコフューチャーには、光量の大きなツイン管1灯型(笠付)もご用意しています。一見ランプが二本あるようにも見えるツイン管。実は一本のランプをU字型に曲げたのと同じ原理で出来ています。従って器具やランプの長さに対し、発光する管の面積は普通のランプに比べグッと大きくなり、その分大きな光量を得られるのです。優れた反射効率を持つエコフューチャーなら、このツイン管1灯タイプで現在水銀灯をお使いの場所(天井高さ6〜7m程度までが目安です)でも蛍光灯への転換が可能です。大幅な消費電力の削減はもとより、瞬時にON、OFFが可能な蛍光灯なら、休憩時間の消灯も可能になります。プルスイッチ付きをご採用頂けば、不要な場所だけの消灯も臨機応変。省エネ意識の向上にも役立ちます。(条件によってはご希望に添えない場合があります)

 また、従来型110W蛍光管2灯型器具をお使いの場所も、このツイン管1灯型エコフューチャーがお勧めです。消費電力の削減による省エネ効果はもとより、ツイン管ランプなら、110W2灯型相当の明るさ感でも、器具サイズ(長さ)は40W管とほぼ同じコンパクトサイズ。一人でもランプ交換が可能になります。もちろんランプのストック場所もコンパクト。消費電力やCo2排出量の削減以外にも、メリット色々です。



(3)事前の十分なシュミレーションで安心。効果の出ない場合はお勧めしません。
 エコフューチャーのご導入に当たっては、明るさと省エネ、コストダウン効果について、事前に専門家による十分なのシュミレーションを行います。適切な効果が期待できない場合、導入をお勧めしない場合もあります。だからどんなことでも安心してご相談ください。私たちは、貴方の施設に最適な省エネ、コストダウンプランをご提案致します。この機会に是非エコフューチャーの御導入をご検討ください。